Gaslighting+Electronic harassment 三日間の出来事

三日間の出来事

日曜日、私はある決断をしました


私が電子ハラスメントを受ける原因となった


お宅に、宿泊費を支払う事にしました


震災前なので、およそ4~5年越しになります


そのお宅にご厚意で私は10日程


タダで置いて頂きました


なぜ10日もの間居座ったのかというと


迷惑極まりない行為だと思いますが


当時の私は日本の警察に相談した直後から


音声送信を受け、パニックを起こしていました


皆さんが音声送信を受けるようになれば


それは理解出来ると思います


24時間頭の中に「しね」「ころすぞ」


などの脅迫を暴○●員の口調で聞かされるのです


当時の私は集団ストーカーという


人為的な嫌がらせしか知らず


単純にそれを警察に訴えに行っただけでした


ところが相談へ行ったがために


逆に被害にあうようになってしまったのです


そのことがあるので警察のことは


恨んでも恨みきれません、生涯恨むでしょう


泊めて頂いたお宅は


かなり酷い電子ハラスメントの被害に


合われているお宅だったのです


彼女とは一時期音信不通になっていましたが、


最近の音声に気づかされる事があって、


私は再度連絡を取ることにしました


最近の音声は、借金返せよ、でした。


私には心当たりが全くなく


借金すらしたことがなかったので


また嘘ばかり音声で聞かされているんだろうなと


思っていました


でも、私がその滞在によって


被害を貰うことになり、しかも


加害者側からすればその滞在費を


踏み倒して逃げているということになるらしく


私はその音声を信じ、支払うことにしたのです


音声に騙されているだけ


バカバカしいことかもしれません


そのお宅の奥様はこんな金額受け取れないと


仰られましたが


加害者の提示した金額です、と伝え


神棚に上げて貰うことにしました


すでに当時のお宅から引っ越されていて


今の自宅に加害者側も移ったのかは


定かではありませんが


とりあえず、


今の住所で上げて頂くことにしました


次の日火曜日


左目の角膜に変な移植をする感覚と


音声を聞かされ、


感じなくなるよ、と言われました


でもそれでは原因の解決にはならないんです


ただ感じなくなるだけでは


聞こえなくなるだけでは


解決したとは言えません


それは加害者側の妥協案で


一歩譲ったのかもしれませんが


私は失った何もかもを返してほしいんです


加害者は未来永劫呪うという、黒魔術で


私を追い込もうと、散々苦しめてきました


いたずら、拷問、強姦、脅迫、などなど、


首を吊り、手首を切り、割腹自殺をし…


末代まで祟るということは


可能だろうと思います。これさえあれば。


私は苦しんできた感覚や


音声を味わってきたので


悔しさ惨めさ憎しみを絶対に忘れません


警察が助けに来ているらしいのですが、


それは事実かどうかは分かりません


詐欺話の可能性もあります


海外の、特に特殊な事件を操作する機関の


ある国に相談したことによって


少なからずそれも影響しているのならば


私は日本の警察機関は生涯恨みますが


海外の警察機関には感謝しています


その警察が何をしてくれるのかは


これからのことを実感していくしかないですが


まだ加害者は居座っています


被害を受けている片方の角膜に


変なものを移植し


感じなくなるよと聞かされましたが


確かに半身だけ感覚がなくなりました


でもそれでは事件が解決したわけではないのです。


被害にあっているのに無感覚になっただけで


根本的な解決とは程遠いと思います


加害者がそばにいる限り


私が救われたわけではないのです






非公開コメント